薄毛に悩む女性のための治療対策ガイド » パターン別・女性の脱毛症の病状と原因

パターン別・女性の脱毛症の病状と原因

脱毛は、男性だけに発症するものではありません。女性の脱毛もあります。このカテゴリでは、女性の脱毛をタイプ別に解説します。

女性の脱毛症は大きく分けて6種類

女性が発症する脱毛は、大きく6種類に分かれます。なお、それぞれの種類の線引きは必ずしも明瞭ではなく、同じ原因・症状でも、別の名称に区分する医師もいます。

びまん性脱毛症

脱毛女性にもっとも多いとされる脱毛症です。原因がはっきりしていることが多く、予防や治療がしやすい脱毛症とも言われています。

びまん性脱毛症の特徴

びまん性とは、症状が広範囲に広がっていることを指す言葉。言葉どおり、髪全体に薄毛の症状があらわれるのが特徴です。髪の毛のボリュームが減ったり髪が細くなったりして、地肌が目立つこともあるでしょう。40代から50代にかけての更年期の時期に発症しやすいとされています。加齢が原因であるケースも多いのですが、ストレスやダイエットなどが原因の場合もある脱毛症です。

びまん性脱毛症のメカニズムと対策

びまん性脱毛症の主な原因はホルモンバランスの乱れだと言われています。年齢やライフスタイルにより、抱えるストレスは人それぞれでしょう。自分に合ったストレスの解消法を見つけることがびまん性脱毛症改善の第一歩です。何だか髪の毛の元気がないなと感じている人は、詳しい情報をチェックしてみてくださいね。

円形脱毛症

円形に髪の毛が抜けてしまうと言われていますが、広範囲にも広がることがある脱毛症です。

に発症しやすいとされています。加齢が原因であるケースも多いのですが、ストレスやダイエットなどが原因の場合もある脱毛症です。

円形脱毛症の特徴

突然に頭髪が円形に抜けてしまう脱毛症です。人によっては、まつげやまゆげ、体毛まで抜けてしまうこともあります。髪の毛が生えているところと抜けているところの差がハッキリしているのが特徴の1つ。10円玉ほどと言われることが多いですが、脱毛箇所の大きさは人によって異なります。

円形脱毛症の原因と対策

近年では、ホルモンバランスの乱れによる自己免疫疾患が原因で毛が抜けてしまうという説が有力ですが、根本原因ははっきりしていません。また、アトピー性皮膚炎の人がなりやすいとも言われます。その他、ストレスや遺伝、ホルモンバランスの乱れなども関わっているとされていますが、本質的な原因はまだ解明されていないのが実情です。治療にはステロイド剤の使用や薬の服用、赤外線照射などがあります。医師の診断を受けて、適切な治療を受けることが望ましいです。

ひこう性脱毛症

ひこう性脱毛症は、漢字で書くと粃糠性。空っぽのもみやぬかと言う意味で、フケを表しています。

ひこう性脱毛症の特徴

脱毛に加えて、フケによる悩みがあらわれるのがひこう性脱毛症の特徴です。頭皮にかゆみが出ることもあります。かゆみを我慢できずにひっかいてしまうとフケが増えてしまうため、悪循環に陥りやすい脱毛症です。フケの原因となる皮脂の分泌量が増える年代で発症するケースが多いと言われています。男性は30~40代、女性は10~20代で皮脂分泌量が多くなります。

ひこう性脱毛症の原因と対策

ひこう性脱毛症の原因は、はっきりとしていません。そのため、ホルモンバランスの乱れやストレスなどが原因ではないかと言われています。また、頭皮への刺激を与えすぎているヘアケアも、ひこう性脱毛症を発症する引き金になっているかもしれません。症状がよく似ている脂漏性皮膚と同じ治療が行われます。

牽引性脱毛症

髪の長い女性に多い脱毛症ですが、男性でも発症する脱毛症です。

牽引性脱毛症の特徴

髪が長い・同じヘアスタイルを続けている・エクステをよく付け替えるといった人に起こりやすい脱毛症の1つ。髪型に気を遣うのは女性が多いため、患者も女性の割合が多いのが特徴です。近年は男性の牽引性脱毛症患者も増えているそう。性別や年代を問わない脱毛症とも言われています。

牽引性脱毛症の原因と対策

牽引とはそのものズバリ通り引っ張るということ。強い力でなくても、同じ髪型を続けるだけで頭皮には負荷がかかります。負荷がかかると、毛根にダメージが入ってしまうだけでなく血流も悪くなってしまうため、髪の毛が健やかさを保てません。髪の毛が長すぎると、自重による負荷が増えます。頭皮や髪に優しいヘアスタイルを心掛けることが、治療の第一歩です。

分娩後脱毛症

出産後に髪の毛が抜けてしまう脱毛症のことです。

分娩後脱毛症の特徴

出産してすぐではなく、2~3ヵ月ほど経ってから髪の毛が抜け始めるのが特徴です。髪の毛全体のボリュームが減り、しっかりとした毛が抜けてしまうといった症状が見られます。出産後の育児が忙しい時期に髪の毛が抜けてしまうので、ストレスや混乱を抱える女性も少なくありません。しかし、あくまで一過性のもの。適切に対処すれば髪の毛は元に戻るでしょう。

分娩後脱毛症の原因と対策

妊娠中は、出産のために体がいろいろと変化します。髪の毛は生え変わりのサイクルがありますが、妊娠中はそのサイクルが一時停止。分娩後に、一気に元の状態に戻ろうとするため、髪の毛がまとまって抜けてしまうのが原因の1つと考えられています。また、育児ストレスや生活習慣の変化によるホルモンバランスの乱れも、髪にとっては良くありません。しっかりと休める時間を作り、脱毛を気にしすぎないことが対処法になるでしょう。

脂漏性(しろうせい)脱毛症

読んで字のごとく、皮脂の異常によって引き起こされるとされるのが、脂漏性脱毛症。対策は意外に身近なところにあります。

早めの対応がカギ

以上6つに分類した女性の脱毛症のうち、やはり多いのは、びまん性脱毛症と円形脱毛症です。これら2つは、他の4つに比べても、原因は深く、そして症状が多岐にわたります。

髪は、女性にとって美しさを構成する大切な一要素。脱毛しないための日常生活、そして脱毛してしまった場合の素早い対策が大切なのです。

ページの先頭へ

薄毛に悩む女性のための治療対策ガイド