薄毛に悩む女性のための治療対策ガイド

頭皮への優しさ 女性への配慮 口コミ・評判で選ぶ 薄毛に悩む女性のためのオススメサロンランキング

薄毛に悩む女性のための治療対策ガイド

女性の薄毛をケアするために知っておきたいこと

牽引性脱毛症

女性だけでなく男性にもみられる牽引性脱毛症について、原因・メカニズムと対策を説明します。

牽引性脱毛症とは

牽引性脱毛症とは、髪が強い力で引っ張られたり、血行が悪くなることによって生じる薄毛です。

ポニーテールやアップスタイルなど、髪の毛を強く引っ張るヘアスタイルを続けていたり、ヘアアイロンやエクステ(エクステンション)の使用によっても牽引性脱毛症が引き起こされます。

牽引性脱毛症は、特定の毛髪に負荷がかかり続けることで頭皮が血行不良を起こし、発毛のための栄養が髪まで届けられなくなることで薄毛になっていきます。

女性の牽引性脱毛症の原因とメカニズム

◆4つの主な原因

  • 髪を強く引っ張るヘアスタイル
    ポニーテールなど髪を結ぶヘアスタイルや、ねじったりアップしたりといった負荷のかかるヘアスタイルが主な原因となります。髪が長い時間引っ張られるため、頭皮だけでなく髪や毛根にまで負荷がかかり、結果として薄毛や抜け毛につながります。
    エクステの着用についても、髪の一部分に強い力がかかるため牽引性脱毛症になりやすいと言われています。その他、髪に負荷をかけるアレンジメントなどはすべて牽引性脱毛症のリスクをアップさせます。
  • 同じ分け目を続ける
    前髪からつむじまで、同じ分け目にしていることでその部分の頭皮が見えてくる場合があります。分け目をつくることで、その部分に負荷がかかりやすくなるため、牽引性脱毛症が起こりやすくなります。
  • 帽子をかぶる
    帽子を被り続けると、頭皮が圧迫されて血行が悪くなり、発毛サイクルに影響を与える場合があります。
    頭皮には無数の毛細血管が通っており、一本一本の髪の毛の毛根に栄養を運んでいます。ところが、帽子で押さえつけることによって栄養が届きにくくなり、薄毛のような症状が出てくると考えられています。
    引っ張られる状態(牽引)とは少し異なりますが、帽子の長時間の着用でも牽引性脱毛症に近い状態になります。
  • ロングヘア
    ロングヘアにしていると、髪の一本あたりの重さが増えるため、頭皮にかかる負担が大きくなって、髪の分け目に負荷がかかります。ロングヘアの場合、頭皮全体ではなく髪の分け目から牽引性脱毛症が現れてきます。
    毛が太い方(剛毛)の場合、ロングヘアにすることで頭皮にはかなりの重さが加わります。そこに、紫外線や乾燥などのダメージが加わると、さらに牽引性脱毛症が進行する可能性があります。

◆メカニズム

牽引性脱毛症は、アップスタイルやエクステの着用など、髪の一部分への負荷がかかり続けることによって起きる脱毛症や薄毛のことです。物理的に頭皮や毛根に力がかかるため、髪が抜けやすくなってしまいます。

頻繁にヘアアレンジをしている方は、頭皮と毛根にかかるダメージが蓄積されていますので、牽引性脱毛症にかかりやすくなっているおそれがあります。

長い間髪を引っ張り続けることのほか、帽子での圧迫や同じ分け目を続けることによる頭皮への負担も、毛根への栄養素の欠乏や頭皮への負担を増やすため、牽引性脱毛症の原因となります。

牽引性脱毛症の対策

牽引性脱毛症の予防には、過度なヘアアレンジを止めることが一番の対策方法になります。エクステ、帽子、ヘアアクセサリーなどの使用も控えて、分け目を逐一変更しながら、頭皮に負担をかけないようにして様子を見ます。

定期的に髪型を変えたり、分け目や結び目の位置を変えるだけでも牽引性脱毛症の予防になります。

また、頭皮の血行が低下している場合には、頭皮マッサージなどを行うのも一つの方法です。ただし、極端に圧をかけたり、負荷を増やしてしまうとかえって頭皮にストレスがかかってしまうので注意が必要です。

普段から髪を引っ張らないように注意しつつ、ロングヘアの方は髪の量や長さを減らすなどして様子を見ると良いでしょう。

ページの先頭へ

薄毛に悩む女性のための治療対策ガイド