薄毛に悩む女性のための治療対策ガイド

頭皮への優しさ 女性への配慮 口コミ・評判で選ぶ 薄毛に悩む女性のためのオススメサロンランキング

薄毛に悩む女性のための治療対策ガイド

女性の薄毛をケアするために知っておきたいこと

紫外線対策も不可欠

紫外線の影響で女性が薄毛や抜け毛になるケースがあります。その理由や対策方法を紹介します。

女性の薄毛原因・髪や頭皮へダメージを与える紫外線

太陽光線の一部である紫外線はUV-A波、UV-B波、UV-C波の3種類あり、そのうち地上にとどくのはUV-A波、UV-B波だけです。UV-B波はエネルギーが強いためサンバーン(日焼け)の原因となります。

一方、UV-A波はUV-B波よりも多く地上に届き、人間の肌の奥、細胞にまでダメージを与えるといわれ、肌だけでなく髪の毛や頭皮にもダメージを与えます。頭皮や髪の毛も日焼けするのです。

頭皮が日焼けすると毛根がダメージをうけ、髪の毛をそだてる毛母細胞の働きが弱まり、抜け毛、薄毛、白髪の原因になると言われています。

頭頂部のつむじや分け目から白髪や抜け毛が始まることが多いのは、紫外線を浴びつづけているからではないか、とも考えられています。

関東地方では、紫外線量は4月から増加し5、6月ころに急激に増え始め、梅雨の時期に少し下がりますが、7、8月に増加しピークを迎えます。4月から10月までは、肌だけでなく髪の毛・頭皮も紫外線を避けるようにしましょう。

髪の毛・頭皮を紫外線から守る方法

肌と同じように、髪の毛や頭皮にも紫外線対策をすることを習慣にしましょう。

髪の毛や頭皮の紫外線対策を調査してみました。

  • 紫外線が強い時間帯を避ける

1日のうちで最も紫外線が強い時間帯は、お昼前後の1、2時間になります。この時間の前後、10:00~14:00ごろは外出を控えるのが理想的です。

  • 帽子・日傘

外出する際は帽子や日傘を使い、頭皮や髪の毛を紫外線から守りましょう。紫外線が強い時間帯はもちろん、そうでない時間にも使う事をおすすめします。UVカット効果のある製品をつかうとより効果的です。

  • UVカット効果のあるトリートメント剤

UVカット効果のあるトリートメント剤を髪の毛につかうことで、髪や頭皮の日焼けが防げます。シャンプー後に使うものだけでなく、洗い流さないスプレータイプもあります。

曇りの日、雨の日は大丈夫?

晴れている初夏から夏にかけては、ほとんどの人が紫外線対策をするようになりましたが、曇りや雨の日は「大丈夫だろう」と思いがちです。

ところが、曇りや雨の日でも紫外線はふりそそいでいます。快晴の日の紫外線量を100とすると、曇りの日はその半分、雨の日でも三分の一ほどの紫外線量があるそうです。

曇りや雨の日でも紫外線対策をすることをおすすめします。

ページの先頭へ

薄毛に悩む女性のための治療対策ガイド