30代の薄毛の原因と対策

薄毛の悩みはじめの時期でもある30代。「なんだか抜け毛が増えた気がする」「以前よりボリュームが減ってきたような…」など、髪に関して不安を感じる人が増える傾向にあります。まだ大丈夫だと思っていても、気づかないうちに「若年性脱毛症」と呼ばれる20~30代に起こる薄毛が進行している可能性も。こちらのページでは、30代で薄毛を招いてしまう原因と対策方法についてまとめました。

30代女性の薄毛の原因とは

薄毛と言っても、その原因は人によってさまざま。普段何気なく行っている生活習慣や行動によって、薄毛の進行を招いているかもしれません。薄毛を引き起こす原因とは何なのでしょうか。30代女性の薄毛の原因についてご紹介します。

ホルモンバランス

薄毛の原因の一つとして、ホルモンバランスの乱れが挙げられます。女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、髪を成長させる役割を持ったホルモンです。このエストロゲンが減ることで髪が十分に成長できなくなり、薄毛を招きます。

特に30代後半あたりは、ホルモンバランスの変化が生じやすい時期。加齢、仕事によるストレス、睡眠不足、不規則な生活などでホルモンバランスが乱れると、女性ホルモンが減少し、薄毛を招く可能性があるのです。

また、30代は結婚して出産を迎える人が多い時期でもあります。出産後はホルモンバランスが崩れて女性ホルモンが急激に減ってしまうため、一時的に抜け毛が増えて薄毛になることも。しかし、ほとんどの場合、産後1年~1年半ほどで薄毛が解消されます。

ダイエット(栄養不足)

健康な体を維持するには栄養が必要なのと同様に髪にも栄養が必要です。髪に栄養が足りていないと細く痩せてしまい、薄毛につながります。

髪への栄養が不足しがちな人は、食事制限によるダイエットや食事の栄養バランスが偏っていることで、必要な栄養を摂取できていないことがほとんど。髪の毛をつくるたんぱく質やたんぱく質を合成する亜鉛、育毛や髪の毛の生成に関わるビタミンなど、髪の成長に必要な栄養が足りていない可能性があるのです。

毛根に十分な栄養を与えなければ、健康な髪の毛は育ちません。体型が気になりはじめて食事制限をしている人、偏食や外食が多い人などは特に、栄養不足に注意しましょう。

タバコ・お酒

タバコも薄毛の原因の一つだと言われています。タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させる作用があるため、頭皮の血行を悪くする要因に。血行不良になると、髪の毛の生成や成長に必要な栄養が十分に毛根へ行き渡らなくなります。結果、髪の毛が育たなくなって薄毛につながるのです。

また、飲酒量が多い人も要注意。お酒に含まれるアルコールを分解するため、体内では多くの栄養が消費されます。そのため、本来髪に届くはずだった栄養が不足して、結果的に髪の生成や成長ができなくなり、薄毛を招くケースも。アルコールを分解する肝臓にも負担をかけることになり、脂肪の代謝も低下。皮脂の過剰分泌につながり、頭皮の環境を悪化させる要因にもなります。

頭皮環境

頭皮の環境が悪いと、薄毛を引き起こしやすくなります。極端に頭皮環境が乱れることで大量のフケや皮脂の過剰分泌が生じ、ベタついて毛穴がふさがることも。その結果、頭皮環境の悪化が炎症を引き起こし、抜け毛が増え薄毛を引き起こしてしまうのです。

頭皮環境が乱れる原因としては、栄養バランスが偏った食事や男性ホルモンの異常分泌などが挙げられます。また、頭皮に合わないシャンプーやリンスの使用、髪を洗った後のすすぎ不足なども原因とされており、気づかない間に頭皮の状態が悪化しているケースもあるようです。頭皮への負担を減らすためにも、普段の生活や使用するシャンプー・リンスの見直し、洗髪時のすすぎ不足などに注意しましょう。

髪型

髪型一つにおいても、薄毛を招く原因になる可能性があります。

薄毛の原因の一つとして挙げられるのが、長期的に頭皮に負担をかけること。負担がかかり続けることで血行が悪くなり、必要な栄養が行き渡らなくなって髪が抜けやすくなります。

特に注意が必要なのが髪の長い女性です。作業の邪魔にならないように、普段から長時間髪を結ぶ人も多いのではないでしょうか。毎回同じ箇所できつく髪を結んでいると、髪が引っ張られ頭皮に負担がかかってしまいます。結果、頭皮が大きなダメージを受け、髪の生え際や分け目が薄くなっていく牽引性脱毛症(けんいんせいだつもうしょう)を引き起こすおそれも。長期間のエクステの装着やヘアアイロン、コテの使用なども髪や頭皮に負担がかかるため、牽引性脱毛症が起きやすいと言われています。

遺伝

男性に比べて、女性は遺伝による薄毛の影響は少ないとされていますが、可能性はゼロではありません。父親が薄毛の場合、遺伝により薄毛になる可能性があると言われています。

また、男性だけでなく女性にも男性ホルモンが存在することをご存知でしょうか。女性はもともと男性ホルモンの分泌量が少ないため、薄毛の遺伝子を持っていても男性に比べてリスクは低いとされていました。しかし、女性ホルモンのバランスが崩れて男性ホルモンが強く働いてしまうことで、男性脱毛症を引き起こす可能性も。髪の毛が抜け、薄毛になってしまいます。

30代女性の薄毛への対策

30代女性の薄毛の原因は、生活習慣の乱れや出産、遺伝などさまざまです。薄毛の原因によって、日々のケアで対策できるものもあればクリニックでの受診が必要になるものも。ここでは、30代女性の薄毛対策についてご紹介します。

生活習慣を変える

薄毛対策として大切なのは、生活習慣を見直すことです。

仕事や育児などによるストレスや睡眠不足、無理なダイエットや偏食での食生活の乱れはホルモンバランスを崩す要因となり、薄毛を招いてしまいます。薄毛を予防・対策するなら、十分な睡眠時間の確保や栄養バランスの良い食事を摂るなど、生活習慣を今一度見直しましょう。また、ストレスを溜め込むのもよくありません。適度な運動や趣味の時間をつくって、ストレスを発散させることも大切です。

ほかにもタバコや過度な飲酒も薄毛を招く原因なので、減煙、お酒の飲む量を減らすことを心がけましょう。

シャンプー・リンスを変える

普段使用しているシャンプーやリンスを見直すことも薄毛対策の一つ。頭皮環境の改善に有効です。「シャンプーなんてどれも似たようなものじゃないの?」と感じる人もいるかもしれませんが、頭皮の状態によって適したシャンプーは違います。頭皮が乾燥しやすい人が刺激の強いものを使うと、頭皮にダメージを与えてさらに乾燥を進めてしまうことに。使用するなら、肌に優しい弱酸性やアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

頭皮の状態や肌質を見極めて、自分に合ったシャンプーやリンスを選びましょう。

専門のクリニックに行く

最初は「ちょっと髪が薄くなってきた?」と気になる程度でも、放っておくと徐々に薄毛は進行していきます。軽度であれば日々のケアで改善する可能性は高いものの、頭皮の状態が悪化してしまうと改善するまでに長い期間が必要になることも。

薄毛に関して気になる症状がある場合は、早期に専門のクリニックへ足を運び、相談することをおすすめします。専門知識を持つ医師が、カウンセリングや診察を通して症状や頭皮の状態をチェック。その人に合ったケアや治療方法を提案してくれます。無料でカウンセリングしてくれるクリニックもあるので、一度相談してみると良いでしょう。

薄毛対策を迅速にサポート
女性薄毛専門クリニック一覧を見る

ページの先頭へ

薄毛に悩む女性のための治療対策ガイド