40代の薄毛の原因と対策

薄毛と聞くと男性に多い悩みだというイメージを持つ人が多いかもしれませんが、現在では薄毛に悩む女性も増えているのです。年代別では、特に40代女性の多くが薄毛に悩んでいる傾向にあることが分かっています。なぜ髪の悩みを持つ40代女性が多いのか、その原因と対策についてご紹介。原因と対策方法を把握して、薄毛の予防・対策を行っていきましょう。

40代女性の薄毛の原因とは

ここでは、40代女性の薄毛の原因について解説しています。どのような原因が考えられるのか、チェックしておきましょう。

ホルモンバランス

40代女性の薄毛の大きな要因として挙げられるのが、「ホルモンバランスの乱れ」。

髪は女性ホルモンの一種である「エストロゲン」が関与しており、エストロゲンには髪の毛の成長を促すほか、毛髪サイクルのコントロールや髪の毛を豊かに保つ働きがあります。このエストロゲンの分泌は20代後半にピークを迎え、それからは減少傾向に。40代後半になると卵巣の機能が低下し始めて、閉経前後になると急激に分泌量が減ってしまいます。

このホルモンバランスの乱れによって現れるのが更年期です。エストロゲンの分泌量が低下することで、不快な症状とともに髪の成長期が短くなります。その結果、髪が痩せたりコシがなくなったりして、全体的に薄くなってしまうのです。

ストレス

過度なストレスはホルモンバランスの乱れを生じさせるため、薄毛の原因となってしまいます。

40代は仕事や家庭の問題などに対してストレスを感じつつ、十分な息抜きや休息の時間を取るのが難しい人が多く、また、体力の衰えから疲労を感じやすくなるので、若い頃には何とも思わなかったことにストレスを感じやすくなります。

ストレスが溜まった状態が続くと、昼間や活発に活動している時に働く交感神経が活性化し、体が常に緊張状態となり、血管の収縮を促進させてしまいます。血管が収縮すると、血液の巡りが悪くなって髪の毛を作る毛母細胞にまで十分な栄養が届かず、髪の成長が妨げられ、抜けやすくなってしまうのです。

寝不足

40代女性は仕事や家事、子育てなどに追われて睡眠が不規則になりがちです。その寝不足が薄毛を引き起こす原因の一つとなります。

体には、「交感神経」と「副交感神経」と呼ばれる自律神経が存在。朝や日中の活動時には交感神経が活発化します。反対に夕方~夜にかけては副交感神経が活発になり、自然と睡眠に入るスイッチに切り替わるのです。

しかし、睡眠不足が続くことで自律神経の切り替えが乱れてしまい、交感神経の活動が収まらず血管が収縮して血液の巡りに悪影響を及ぼすことも。結果的にホルモンバランスも崩れてエストロゲンの分泌が減り、髪の毛や頭皮に悪影響を与えます。

頭皮環境

40代女性は、更年期や普段の生活で受ける紫外線、ストレスなどによってヘアサイクルが乱れ、成長期の髪まで抜け落ちてしまうことも。

また、頭皮環境の悪化も薄毛の原因に挙げられます。毎日シャンプーでしっかり洗っているのに、なぜか頭皮がベタつくという人もいるのではないでしょうか?ベタつきは、頭皮の毛穴から皮脂が過剰分泌されることで生じるものです。その原因は、脂っこい食べ物の過剰摂取や髪を洗った後のすすぎ不足などが挙げられます。毛穴に汚れが溜まって、のちに頭皮が炎症を起こすおそれがあるのです。

反対に、洗浄力が強すぎるシャンプーは必要な皮脂まで落とすため、フケを悪化させる要因に。また、皮脂の過剰分泌を引き起こす原因でもあります。

40代女性の薄毛への対策

年齢を重ねるにつれ薄毛が進行しやすい傾向にありますが、日々の生活習慣の見直しやケアで、薄毛の進行を遅らせることができるのです。では、その方法とはいったいどのようなものなのでしょうか。ここでは、40代女性の薄毛対策についてご紹介します。

バランスの良い食事

栄養の偏った食事や脂っこい食べ物ばかり食べると、栄養が不足します。髪の毛を成長させるために必要な栄養は食事から摂取する必要があるため、バランスの良い食事を心がけることが大切です。

髪の毛を作る主な栄養素は、たんぱく質や亜鉛、ビタミンなど。特にたんぱく質は、髪の毛の約90%以上を占めているほど髪の生成や成長に必要不可欠な栄養素です。亜鉛やビタミンも不足しやすい栄養素なので、食事で積極的に摂るようにしましょう。

シャンプー・リンスを変える

毎日使うシャンプーやリンスを見なおすことも、薄毛の対策になります。シャンプーによっては、薄毛の予防につながるものもあれば、頭皮の環境を悪化させてしまい薄毛や抜け毛を促してしまう場合も。頭皮に合わないシャンプーを使い続けることで、乾燥や湿疹などのトラブルを招く可能性もあるのです。

シャンプーやリンスは、洗浄力が強すぎず低刺激で、適度な保湿効果のあるものを選ぶのがポイントの一つ。また、頭皮を健やかに保つためにも過度な使用は控えましょう。

十分な睡眠

睡眠不足が続くと、ストレスが溜まり髪の成長を妨げる原因になります。薄毛の進行を食い止めるためにも、十分な睡眠をとることが重要です。

特に22時から翌朝の2時にかけては成長ホルモンの分泌が活発な、「ゴールデンタイム」と呼ばれる時間帯。髪のもとになる毛母細胞や頭皮の皮膚細胞が生まれ変わって、健康な毛髪が育つ頭皮環境が整います。そのため、できるだけゴールデンタイムに睡眠をとるように心がけ、規則正しい生活リズムを身につけていきましょう。

専門のクリニックに行く

薄毛の状態によっては日々のケアである程度進行を食い止められます。しかし、進行具合や薄毛の原因などによっては日々のケアで改善するのが難しく、クリニックで治療を受けた方が良いケースも。ストレス性の円形脱毛症やホルモンバランスの乱れによる薄毛などは、専門のクリニックで治療を受けることで早期の解決につながります。

無料カウンセリングを行っているクリニックもあるので、髪に不安や悩みを感じはじめたら一度相談してみてはいかがでしょうか。

薄毛対策を迅速にサポート
女性薄毛専門クリニック一覧を見る

ページの先頭へ

薄毛に悩む女性のための治療対策ガイド