50代の薄毛の原因と対策

「髪は女性の命」と言われるほど、いくつになっても女性にとって髪は大切なものです。50歳を過ぎると更年期に入り体や心の変化が現れるケースが多いだけでなく、髪に関する悩みも増える傾向にあります。そんな50代女性が招きやすい、薄毛の原因についてまとめました。

50代女性の薄毛の原因とは

20代の頃から薄毛に悩む女性もいますが、年代によってその原因は異なります。では、50代女性の薄毛の原因とは何なのでしょうか。ここでは、50代女性の多くが悩まされる薄毛の原因を3つピックアップしてご紹介します。

ホルモンバランス

50代女性の薄毛の大きな原因として、更年期による女性ホルモンの減少が考えられています。更年期とは、閉経の前後5年の期間のこと。これまで規則的だった月経周期が不規則になっていき、やがて閉経を迎えます。個人差はありますが、50歳前後で閉経を迎える人が多いとされています。

更年期になると卵巣の機能が低下して、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌が急激に減少。ホルモンバランスが崩れて頭痛・めまい・ほてり・食欲不振・月経異常など、体に様々な不調を引き起こします。

そんなエストロゲンには、毛髪の成長を促す働きや成長を持続させる働きも。エストロゲンが減ってしまうと髪の成長期が短くなり、ヘアサイクルの休止期が長くなります。休止期が長いと髪が細くなる、1つの毛穴から出る髪の本数が減る、抜け毛が増えるなど髪に悪影響をもたらすことに。その結果、全体的にボリュームがなくなって、薄毛につながるのです。

自律神経の乱れ

自律神経の乱れも、薄毛の原因の一つと言われています。自律神経とは心臓や肺、肝臓など、数多くの内臓器官にかかわる神経のことです。自律神経は、活動している時に働く「交感神経」とリラックス状態の時に働く「副交感神経」の2つに分けられ、バランスをとりながら働いています。

しかし、過度なストレスや生活習慣の乱れなどにより緊張状態が続くと交感神経が優位な状態が続き、自律神経のバランスが乱れてしまうのです。低血圧や動悸、毛細血管収縮などの症状を招くほか、頭皮の血行不良により髪の毛の成長に必要な栄養が不足し、髪が抜けやすくなり薄毛を招きます。

頭皮の糖化

頭皮の糖化も、薄毛に関係すると考えられています。糖化とは、糖がたんぱく質や脂質と結びつくことで生じる老化現象のこと。糖化が進むと「AGEs(糖化最終生成物)」と呼ばれる悪玉物質がつくられ、体の様々なところで炎症を引き起こしたり、細胞を老化させたりします。特にたんぱく質や脂質からできている地肌や皮膚は、糖化反応が起きやすいとされているのです。

糖化が生じると頭皮の血行が悪くなり、弾力が低下して固くなります。その結果、頭皮環境が悪化して髪の毛の成長に大きくかかわる毛乳頭細胞の働きが低下。健康な髪が育たなくなって薄毛を招いてしまいます。

50代女性の薄毛への対策

加齢による女性ホルモンの減少が薄毛の大きな原因とされている50代女性。しかし、日々のケアによって、薄毛の予防・改善に導くことが可能です。ここでは、薄毛の予防・対策として5つの方法をご紹介します。日々の生活で気軽に取り入れることが可能なので、実践して自身の薄毛を予防・改善していきましょう。

イソフラボンの摂取

薄毛の対策として良いとされているのが、イソフラボンを摂ることです。イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと似た性質を持っています。髪の成長に関係する女性ホルモンは、年齢を重ねるごとに減少。その女性ホルモンを補うために、食事で積極的にイソフラボンを摂取すると良いとされています。

納豆や豆腐、味噌などの大豆製品に多く含まれているイソフラボン。食品安全委員会が発表したデータによると、1日の摂取目安量としては70~75mgとされています。味噌汁だと1杯で約6mg、納豆だと2パックで約71mgのイソフラボンを取り入れることが可能ですので、普段の食事で意識的にイソフラボン取り入れてみるところからはじめましょう。

シャンプー・リンスを変える

シャンプーやリンスにこだわってみるのも、薄毛予防や対策として効果的です。更年期になると頭皮の皮脂の分泌量が減少するため、洗浄力の強いシャンプーを使うと、必要な皮脂まで洗い流してしまうことに。洗いすぎてしまうと頭皮の乾燥を招いてしまいます。その結果、皮脂バランスを保とうと過剰に皮脂の分泌を促し、頭皮環境を悪化させてしまうおそれがあるのです。

シャンプーを選ぶ際は、低刺激なアミノ酸系シャンプーなど髪や頭皮への刺激が少ないタイプを選ぶようにしましょう。また、シャンプーをする際やシャンプー後に頭皮をマッサージすると◎です。マッサージによって血行が促進され、薄毛や抜け毛の減少につながります。

運動

適度な運動を行うことも、薄毛対策になります。筋肉は何もしなければ衰え、30歳以降になると年に1%ほど減少すると言われています。50代にもなると最大で20%も減少した状態に。筋力が衰えることで、血管の劣化や血行不良が悪化してしまいます。

しかし運動することで筋力を維持できるほか、血管が拡張して血行を改善。血流が良くなると頭皮の血行も良くなり、髪に必要な栄養も行き渡りやすくなります。栄養が十分に届くと健康的な髪を育てることができるのです。

運動は血行を良くするだけでなく、ストレス解消にも効果的。ストレスが溜まると体が緊張状態になり、頭皮の血行不良を招く原因になります。適度に運動しストレスを解消することで、薄毛の改善につながります。

睡眠

睡眠不足は血行不良を招き、薄毛を引き起こす原因になります。そのため、薄毛の対策をするなら質の良い睡眠をとることも重要です。22時~夜中の2時の間は「ゴールデンタイム」とされており、この時間に睡眠をとることで成長ホルモンが分泌されると言われています。できる限りこのゴールデンタイムに睡眠をとることを心がけるとよいでしょう。

また、寝る際は環境を整えることも大切です。照明の光が目に入ると寝付きにくくなるので、できるだけ間接照明に切り替えて体や頭を休ませるようにしましょう。パソコンや携帯の光は脳を興奮させ寝つきが悪くなるため、寝る前は使用を避けてください。

専門のクリニックに行く

50代女性の薄毛の多くはホルモンバランスの乱れが原因として挙げられますが、他にも様々な原因が考えられるため特定は難しいものです。考えられる原因を把握し早期に薄毛を治療したいと考えるなら、まずは専門のクリニックで診察を受けることをおすすめします。

クリニックでは、専門の医師が髪に関する不安や悩みをじっくり聞き、頭髪や頭皮の状態をチェック。状態を把握したうえで、症状に合った薬の処方や適切な治療を行ってくれます。治療を受ける前に無料でカウンセリングを実施しているクリニックもあるので、一度カウンセリングを受け治療を検討してみてはいかがでしょうか。

薄毛対策を迅速にサポート
女性薄毛専門クリニック一覧を見る

ページの先頭へ

薄毛に悩む女性のための治療対策ガイド