20代の薄毛の原因と対策

20代で薄毛に悩める女性は少なくありません。特に最近は増えている傾向にあるといわれています。

しかし、20代女性が薄毛になる原因は男性の薄毛や40代女性の薄毛とは原因が異なるもの。知らずに同じような対策を行っているとまったく意味がなかったり、逆効果な可能性もあります。20代女性ならではの薄毛の原因を知ったうえで、適切な対策を打つことが重要です。このページでは、20代女性の薄毛に考えられる原因と対策を簡単にまとめてみました。

20代女性の薄毛の原因とは

ストレス性の薄毛

20代女性の薄毛は、「びまん性脱毛症」が原因の可能性が高いといわれています。びまん性脱毛症とはホルモンのバランスが崩れてしまい、脱毛ホルモンともいわれているジヒドロテストステロンが増えることで進行する脱毛症のこと。ジヒドロテストステロンは毛髪の元となる毛母細胞の働きを低下させる作用を持っており、テストステロンというホルモンと、5αリダクターゼという酵素が結びつくことで作られるホルモンです。

もともと女性にも男性ホルモンのテストステロンが存在します。存在自体は問題ないのですが、生活習慣の乱れによってホルモンバランスが崩れると、害のないテストステロンが脱毛ホルモンのジヒドロテストステロンに姿を変えてしまうのです。

20代は夜遊びが楽しく無理しても体が頑張れる時期。短い睡眠時間でもなんとか乗り切れて、太っても代謝が落ちていない限りがんばれば痩せられます。そうやって無理を繰り返した結果、知らない内に毛髪へ大きな影響を及ぼしているのかもしれません。

ストレス

ストレスは女性でも男性でも薄毛の原因として数えられています。大きなストレスを抱えていると自律神経に影響します。

私たちの体は自律神経が血行コントロールを行っているため、自律神経が乱れると血流が悪くなり、全身に血液がうまくまわらなくなるように…。

体は血液が巡ることで酸素を運び機能させているので、血液のめぐりが悪くなるのは一大事。さまざまな病気や症状の原因に必ずと言っていいほどストレスが入るのはそのためです。もちろん頭皮にも栄養や酸素が行き届かないため、毛母細胞が育たず抜け毛原因になると言えるでしょう。

ダイエット

過剰なダイエットは髪の毛に必要な栄養素を摂取していないことで薄毛につながります。美しく痩せるため厳しい食事制限を行う行為はそこまで珍しくないでしょう。しかし、この行為は髪の毛にとってとても危険な行為なのです。

ダイエットのために食事制限を行うと、限られた栄養は内臓や骨など生きていくうえで一番大切な器官へ使われます。髪の毛や爪といった器官は生きていくうえでの重要度で考えると一番下。結果、栄養が行き届かなくなった髪の毛は抜け落ちやすく、薄毛につながってしまうのです。栄養失調で髪の毛が抜けたという事例もあります。しっとりとした美しい髪の毛を育てるには、たっぷりの栄養素が必要なのです。

睡眠不足

睡眠中は一日の中で一番成長ホルモンが活発に働く時間帯です。成長期に22時~2時は背が伸びるゴールデンタイムと耳にした人は多いはず。身長だけでなく、毛母細胞も睡眠中に細胞分裂を行い髪の毛を増やしてくれます。その大切な睡眠が不足しているということは、髪の毛が成長する機会を自らつぶしていることになります。それだけでなく、睡眠は体の疲れを取って次の日もしっかりと動けるようにするリセット行為。睡眠不足だと頭も体もリセットしきれず、疲れがたまることでストレスや自律神経の乱れにつながるでしょう。すると血行不良で髪の毛へ栄養が届きにくくなります。睡眠不足は、成長機会の損失と栄養不測のWパンチを引き起こしてしまう可能性のある行為ととらえておくべきです。

ホルモンバランスの崩れ

髪の毛はホルモンバランスと深いつながりがあります。男性ホルモンであるテストステロンが増えると、ジヒドロテストステロンという脱毛ホルモンが増える可能性が高まり、女性ホルモンのエストロゲンが増えると髪の毛の成長を促してくれたり、血流を改善してくれたりといった効果が期待できます。薄毛を対策・予防するためにも、ホルモンバランスを正常に保つことは大切といえるでしょう。しかし、20代の女性は社会人に出たり、職場が変わったり、結婚・出産を経験したりと環境の変化が大きいもの。環境の変化に対してホルモンバランスが崩れるのは仕方ないとも言えます。しかし、生活習慣を正しく保つことでバランスの揺れを小さく抑えることはできるはずです。

アレルギー

数は少ないですが金属アレルギーで薄毛になるという症例もあります。金属アレルギーといえば、指輪やネックレスなどの貴金属を身に着けると肌がかぶれたり赤くなったりするイメージが強いですが、虫歯で穴が空いたのを防ぐ銀歯や金歯で発症することもあります。いまでは、銀歯や金歯には金属アレルギーを起こしにくい金属が使用されていますが、昔使われていたタイプは使っていると唾液で溶けて少しずつ体の中に取り込んでしまうことも。溶け出した金属イオンが髪の毛の主成分であるケラチンと結びついてしまい、免疫細胞がこれを敵と勘違いして攻撃した結果、どんどん髪の毛が抜けていくという症例が報告されています。

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症とは、体の新陳代謝や内臓・筋肉・骨・神経といった体のさまざまな機能を調整・抑制している甲状腺ホルモンを分泌している甲状腺の機能が低下する病気のこと。甲状腺機能低下症になると、体重増加や記憶障害、月経異常など他にもさまざまな症状が引き起こりますが、その中に髪の毛が抜けたり、白髪が増加したりといった症状も数えられます。もし、薄毛以外にも以下の症状で当てはまる項目がある場合は、一度医療機関で調べてもらうことをおすすめします。

  • 体重増加
  • むくみ
  • 記憶障害
  • 抑うつ状態・無気力
  • 疲労感・倦怠感
  • 冷え性
  • 皮膚が乾燥する
  • 声がかすれる
  • 心機能低下
  • 肝機能低下
  • 月経異常
  • 髪の毛が抜ける
  • 白髪が増加する

貧血

体の中の血が足りていない貧血状態だと、髪の毛の成長に必要な酸素や栄養分が毛母細胞まで運ばれにくくなってしまい、薄毛の原因となりえます。血液の成分となるヘモグロビンの元は鉄分です。

深刻な鉄分不足は貧血を引き起こす可能性があるため、鉄分をしっかりと摂取することが薄毛の予防にもつながるでしょう。また、鉄分はコラーゲンの生成にも関わりが強く、不足することによって髪の毛の老化にも影響してしまいます。女性の10%が貧血に悩まされているともいわれている現代なので、鉄分不足にはよく注意しましょう。

ピルの使用をやめる

長期間ピルを使用してきた人がピルの服用をやめると、大量の抜け毛が発生したという事例があります。ピルは多くの女性が気軽に使用している避妊薬で、飲むとホルモンバランスを妊娠中に近い状態にしてくれるもの。ホルモンバランスを整えてくれるため、月経が軽くなったり、体の調子が良くなったと感じる人も多いでしょう。そのためピルの服用を止めるとホルモンバランスが崩れてしまうため、抜け毛が発生すると言われています。言ってしまえば、産後の抜け毛と同じような現象と言えるでしょう。

20代女性の薄毛への対策

ストレス性の薄毛

20代の薄毛は対策次第でまだまだ改善の余地があるもの。まずは日頃の生活習慣の見直しから始めると良いでしょう。栄養たっぷりの食事に、しっかりと体と脳を休める睡眠など、基本的なことができているか改めてチェックしましょう。

睡眠

睡眠が重要とはよく言われていますが、なかなか時間を取れないのが現代人。特に20代はまだ社会に出たばかりで、頑張り時と思ってムリしてしまう傾向にあります。ただ、短くても質の良い睡眠が取れれば問題ありません。質の良い睡眠とは、22時~2時までの時間帯から深い睡眠がとれていることです。パッと起きられるような浅い睡眠は、脳や体を休ませきれていません。深い睡眠をとるためには、寝る前にパソコンやスマホの画面を見ない、寝る直前に食べない、部屋の電気は真っ暗にするなどたくさんの方法があります。また、睡眠の深さを測るアプリがあるため、自分の睡眠の質を毎日チェックして、睡眠の質を向上させる方法を試していくと良いでしょう。

運動

血行不良は薄毛の大敵。髪の毛の成長に必要な栄養分は血液に乗って届くため、血行改善は薄毛対策の重要項目と言えます。ランニングや散歩などの有酸素運動は、血行をよくするために有効な方法です。酸素をたくさん取り入れて体の中をリフレッシュできるでしょう。また、適度に体を動かすことはストレス解消にも繋がります。運動するとセロトニンやドーパミンといった喜び・快楽をもたらす脳内物質が出るため、ストレス軽減になるのです。短い時間でも良いので、自分が楽しいと思える運動を少しずつ行うのがコツです。

食事

20代の女性なら一人暮らしをしている方も多いはず。一人だけの食事となると作るのも面倒なので、コンビニ食やお菓子で軽くご飯を終えてしまうということもあるでしょう。しかし、私たちの体は日々摂取するご飯で作られており、髪の毛もタンパク質や亜鉛、鉄分などの栄養素を元に成長していくため、偏った食事をしていると髪の毛の栄養素が十分に補給できず、薄毛に繋がってしまいます。

髪の毛にとって必要な栄養分を摂取するためにも、肉・魚・野菜・穀物をバランスよく摂取するようにしましょう。食事だけで摂取するのが難しいという場合は、サプリメントなど補助食品を使うのもアリです。

ストレス解消

自律神経を乱してしまうストレスには、自分なりの発散方法を見出すと良いでしょう。ストレス発散の方法には浄化系・発散系の2種類があります。

浄化系は旅行やお風呂、瞑想など気持ちを落ち着かせてストレスを消していく方法が当たります。発散系はカラオケで大きな声を出したり、運動で体を動かしたりすることで、ストレスがはじけ飛ぶような方法が当たります。

発散系には好きなモノを爆食いと言う方法もありますが、これは髪の毛にあまり良くないのでなるべく避けた方が良いでしょう。自分に合わない方法だと逆にストレスが溜まってしまうこともあるので、自分に合った方法を探すのがオススメです。

育毛剤

女性専用の育毛剤というものがあります。育毛剤とは髪の毛に良い影響を与える成分が配合されており、頭に塗布するだけで頭皮環境の改善、育毛サポートをしてくれるもの。

20代の薄毛は生活習慣が原因となっている可能性が高いのですが、普段の生活習慣を見直して対策を打っても、なかなか効果を実感できてない人は、育毛剤を使った本格的な薄毛対策を検討してみても良いかもしれません。

女性用の育毛剤はドラッグストアで手に入れることもできますが、通販やクリニックで処方してくださることもあります。

薄毛対策を迅速にサポート
女性薄毛専門クリニック一覧を見る

ページの先頭へ

薄毛に悩む女性のための治療対策ガイド