薄毛に悩む女性のための治療対策ガイド

頭皮への優しさ 女性への配慮 口コミ・評判で選ぶ 薄毛に悩む女性のためのオススメサロンランキング

薄毛に悩む女性のための治療対策ガイド

女性の薄毛をケアするために知っておきたいこと

世代別・女性の薄毛の原因と対策

20代・30代・40代と世代別に薄毛の原因を紹介し、その対策方法について解説しています。

20代の女性の薄毛

20代の若い芸能人などにもみられる、通称「FAGA」と呼ばれる女性の薄毛の悩み。そのほとんどの原因は「びまん性脱毛症」です。

◆生活習慣の乱れからくる抜け毛

びまん性脱毛症は、加齢によるものがほとんどです。そのメカニズムは、女性ホルモンが減少することによって男性ホルモンが優位な状態になり、抜け毛が増えるというものです。

極端なダイエットやストレス、睡眠不足などでもホルモンバランスが崩れ、抜け毛を引き起こしてしまうケースがよくあります。

◆牽引性脱毛症

髪を強く引っ張られた状態の髪形を長期間続けることによって毛が細くなり、抜け毛や切れ毛、分け目が目立つようになります。

海外のスーパーモデルや有名セレブ達がこの牽引性脱毛症に悩まされていることでも有名です。

◆対策

対策・予防策として、生活習慣を見直すことが挙げられます。睡眠をしっかりとったり、バランスの良い食事を毎日3食きちんと食べたりすることは、ホルモンバランスを安定させるために最も効果的な手段だといえるでしょう。

また、髪の分け目を短期間で変えると毛根への負担が減り、抜け毛を防ぐ効果もあるようです。

30代の女性の薄毛

30代に突入すると、薄毛に悩む女性が一気に急増する傾向にあるようです。その原因についてご紹介します。

◆女性ホルモンが減少することによる抜け毛

30代女性の薄毛は、老化が始まることによって女性ホルモンが減少し、びまん性脱毛症になるケースがほとんどです。

個人差はありますが、女性ホルモンは30代前半でピークを迎え、40代に向かうにつれてどんどん減少していきます。

さらに、20代女性と同様に過度なダイエットやバランスの悪い食生活、ストレス、睡眠不足などの生活習慣の乱れによって女性ホルモンの減少に拍車がかかり、加えて頭皮の状態や血行が悪くなって、薄毛が進行してしまいます。

◆対策

対策としてもっとも効果が高いのは、やはり生活習慣の見直しです。

毎日の食事や、ストレスの予防・解消、禁煙・禁酒などの策を講じることで、薄毛が改善されることがあります。

また、女性ホルモンを補給することで、薄毛治療が改善されるケースもあります。

20代までは回復力が高いため、日々の過ごし方で症状が改善される場合もありますが、30代はそうもいかないため、女性ホルモンの減少を補うために育毛剤などで栄養補給を行ってあげる必要があります。

40代の女性の薄毛

40代に入ると、30代から始まった女性ホルモンの減少により、エストロゲンが少なくなってしまいます。

◆エストロゲンの減少による脱毛症

エストロゲンが減ってくると、1つの毛穴から出る髪の本数が減ったり、髪そのものが細く痩せてしまったり、色素が薄くなったりして薄毛になるケースが多くあります。

このような脱毛症は、M型・O型・複合型・びまん型の4種類に分類されます。自分でどのタイプの脱毛なのかを判断するのは難しいため、育毛サロンや薄毛治療を行っている病院などを利用して、客観的に判断してもらいましょう。

◆対策

20代・30代ともに共通する対策法ですが、睡眠時間を十分にとることは薄毛対策として非常に効果の高い方法だといえます。

特に、副交感神経が優位になる22時~2時の間に睡眠をとると、成長ホルモンによって新しい細胞が生成され、健康な髪の毛が生まれ育ちやすい頭皮環境になります。

頭皮のケアとして、頭皮に合わないシャンプーを使っている可能性があるので、シャンプーを刺激の弱いものに変えるのも有効です。

また、育毛サロンや専門医院を利用してプロの目で客観的に判断してもらい、M型・O型・複合型・びまん型といった脱毛の種類ごとに最適な対策を打ってもらうことは、悩み解決にとても有効な手段だといえるでしょう。

ページの先頭へ

薄毛に悩む女性のための治療対策ガイド